コラム | 小学校受験スクール決定ガイド

小学校受験スクール決定ガイド

コラムの記事一覧

首都圏有名小学校への受験の実態は情報集め

子供が進学をするときに自動的に出来る場合と試験を受けて合格をして行なう場合があります。義務教育の小学校と中学校は地元の公立なら自動的に行く学校が決まっています。高校からはそれぞれが決めて試験を受けます。中学校となるとある程度学力考査が重要視されるのでいかに事前に学力を高めておくかが合格のためのポイントになります。では小学校はどうかです。

首都圏有名小学校への入学を目指して受験を行なうときにどのような対策が必要かです。少子化の影響もあってかかつてに比べると受ける人が多くなっているようです。またそれに合わせて学校や定員が増えています。有名なところはそれなりに競争率が高くなります。試験の実態としては学力考査に加えてその他の部分が重要になるとされます。また親も面接を受けることが多くなります。

それぞれの学校ではどのような試験があるのか、どのような人が合格するのかなどの傾向があります。勉強すれば良いわけではないので、いかにその情報を集めておくかが重要です。小学校を受けるための塾が用意されていますが、こちらでは対策も行なってくれますが情報も沢山持っています。この学校のためにはこういったことをしておいた方がいいとの情報があり、それを知った上で対策が出来ます。


小学校受験対策は遊びの中の生活習慣行動

子供は生活の経験が大人よりも少ないです。いろいろな経験をすることでそれを覚えていき、社会生活に活かすようになります。多くのことを経験していたり知っていればそれだけ幅広い判断をすることができるようになります。子供の仕事としてはよく遊ぶことと言われています。大人が遊ぶとあまりいいとは言われませんが、子供は遊ぶことを通じていろいろなことを学びます。

小学校受験対策として遊びがあります。試験の中に行動観察と呼ばれる項目があります。これは子供たちに自由に遊ばせてその中でそれぞれの子がどのような行動を取るかをみられます。おもちゃが限られた個数あるときに他の子供とどのように使うかなどが見られる事があります。必ずしも正解の行動があるわけではなく、各学校で評価の方法も変わってきます。

このときに最も出やすいのは日ごろの生活習慣になります。家庭の中でどのようにしているか、幼稚園や保育園、公園などでどのようにしているかです。親はそれをきちんと観察しておき、間違ったことをしているときはそれを正すようにしておく必要があります。子供に機械的に試験対策としてこういったことをしてはいけないと伝えてもできません。日ごろから正しいこと、間違っていることを教える必要があります。


小学校受験特有のテスト問題について

大学入試などをするときはそれぞれの学校で傾向などの分析をするとされています。偏差値が同じ位でも学校が異なると出題方法が大きく変わる事があります。それに合わせて勉強をしていないと対応できない場合があります。大学受験だけでなく何らかの受験がある場合にはそれぞれの学校の傾向があるとされています。それを事前に調べておきます。

小学校受験をするときにも対策としてテスト問題を行う事があります。小学校の場合はペーパーテストだけで決まることはありません。ほんの一部になっている事もあります。しかしおろそかにすることも出来ません。どのような形式かはそれぞれの学校で異なりますが、文字などを記載するよりも図形などを見て判断をすることが多くなりそうです。

それぞれの図形の大きさを比較したり、数の比較、絵などを見て判断していきます。日常的なことなので大人であれば自然に出来ることですが、子供の場合はすぐにはできない事もあります。試験は大人同様に時間制限が設けられることがあります。となると時間内に適切な解答を記入しなければいけません。このあたりのことも事前に行なうことで対応することになります。塾などで訓練が受けられ、各学校対応も出来ます。


カテゴリー