小学校受験対策は遊びの中の生活習慣行動 | 小学校受験スクール決定ガイド

小学校受験スクール決定ガイド

小学校受験対策は遊びの中の生活習慣行動

子供は生活の経験が大人よりも少ないです。いろいろな経験をすることでそれを覚えていき、社会生活に活かすようになります。多くのことを経験していたり知っていればそれだけ幅広い判断をすることができるようになります。子供の仕事としてはよく遊ぶことと言われています。大人が遊ぶとあまりいいとは言われませんが、子供は遊ぶことを通じていろいろなことを学びます。

小学校受験対策として遊びがあります。試験の中に行動観察と呼ばれる項目があります。これは子供たちに自由に遊ばせてその中でそれぞれの子がどのような行動を取るかをみられます。おもちゃが限られた個数あるときに他の子供とどのように使うかなどが見られる事があります。必ずしも正解の行動があるわけではなく、各学校で評価の方法も変わってきます。

このときに最も出やすいのは日ごろの生活習慣になります。家庭の中でどのようにしているか、幼稚園や保育園、公園などでどのようにしているかです。親はそれをきちんと観察しておき、間違ったことをしているときはそれを正すようにしておく必要があります。子供に機械的に試験対策としてこういったことをしてはいけないと伝えてもできません。日ごろから正しいこと、間違っていることを教える必要があります。

カテゴリー