小学校受験特有のテスト問題について | 小学校受験スクール決定ガイド

小学校受験スクール決定ガイド

小学校受験特有のテスト問題について

大学入試などをするときはそれぞれの学校で傾向などの分析をするとされています。偏差値が同じ位でも学校が異なると出題方法が大きく変わる事があります。それに合わせて勉強をしていないと対応できない場合があります。大学受験だけでなく何らかの受験がある場合にはそれぞれの学校の傾向があるとされています。それを事前に調べておきます。

小学校受験をするときにも対策としてテスト問題を行う事があります。小学校の場合はペーパーテストだけで決まることはありません。ほんの一部になっている事もあります。しかしおろそかにすることも出来ません。どのような形式かはそれぞれの学校で異なりますが、文字などを記載するよりも図形などを見て判断をすることが多くなりそうです。

それぞれの図形の大きさを比較したり、数の比較、絵などを見て判断していきます。日常的なことなので大人であれば自然に出来ることですが、子供の場合はすぐにはできない事もあります。試験は大人同様に時間制限が設けられることがあります。となると時間内に適切な解答を記入しなければいけません。このあたりのことも事前に行なうことで対応することになります。塾などで訓練が受けられ、各学校対応も出来ます。

カテゴリー